a*holic

→FF11 ソロでガツンと!〜オボロンの呪縛編〜



正月、実家に帰って父親にPSPをさわらせてあげていたら、プレイ中のディシディアの
保存データがレベル1で上書きされていました。
正月からちょっぴり泣きそうなこるです。こんにちは。

気を取り直して・・・。

年末に戦績BC「オボロンの呪縛」に突っ込んできました。
自分はこういうBCとかNMでもそうですが、大抵、初挑戦の時って負けます。
えらそうに言うことではないんですが・・・。

が、このBCだけは何故か勝ててしまいました。
まあ勝てたと言っても、ものすごいギリギリです。
タイムを見て失笑していただければよろしいかと思います。
この後、何回かチャレンジしましたが、それほどタイムも変わらなかったので、
初挑戦のオタオタっぷりのままの動画にしておきます。
いつもどおり下の方にありますので、興味ある方はどうぞ。

さて。

このオボロンですが、特徴はと言えば、バインドグラビデ共にだんだん耐性がつく、
ということでしょうか。
そのため、聖牛のようにバインドグラビデを使うタイミングを見極める必要が
あります。
主に、グラビデは精霊で攻める時に使用、バインドは緊急時に使用、
といった感じで使っていけば、問題ないかと思います。

それ以外の時は、BCの中を行ったり来たりしていれば、勝手にオボロンが
段差につまずいて遅れてくれますので、意外とマラソンできます。
BCの丸い地形の部分はすこし小さめの円を描くようにマラソン、
入り口からの直線部分はそのまま真っ直ぐマラソンで、突き当たりの門のところで
蝉や強化のかけ直しができるはずです。

WS技には、蝉貫通大ダメージを受けるものや、ヘイスト上書き不可のスロウがつく
ものなど、嫌な技が結構あります。
距離で不発にできる場合もありますが、くらうかくらわないかはほとんど運ですので、
くらってしまったら泣きながらバインドかグラビデです。

もう一つの大きな問題は、時間内に削りきれるかどうか、です。
精霊ダメージが少しカットされるのに加え、ポイズンがほとんど入らないようなので、
スリップはバイオだけに頼ることになります。

普段、赤ソロの時はコンバまでのMPをだいたい残り時間1分につき100MP残るように
計算して動いてますが、このBCでは、そこは気にせず、グラビデ入れたら
打てる限りの精霊を打っていったほうがよさげです。
MPはマラソン中のリフレで回復と、バインドでのヒーリングで回復します。

また、雷弱点で氷耐性のようですので、精霊はブリザドよりもサンダーの方が
いいらしいです。
と言いつつ、自分はブリザドの方がダメージでてたとかなんとか・・・。
そろそろ雷杖HQを買えということですか。
また持ってなかったのか、という話はナシの方向でお願いしまs


そんな感じで、負けると経験値ロストしますけど、ENMと違って一日一回行けるので
割とお気軽に試せるBCだと思います。

しかし、自分のFFではクロマはでないようです。
不思議です。




動画はコチラ

本当にタイムギリギリです。
バインドとグラビデ共に耐性アリって話だけど、どう考えてもバインドのが
耐性強くね?と思ってプレイしていましたが、今見直してみると、
どうみてもバインドうちすぎです。悪い見本。悪い見本。

あとはタイムを縮める方法としては・・・
杖HQを買うか、帯を取って曜日を選んで突入するか、精霊スキルメリポ
振り終わってないので、それを頑張るか。
うん。結構やれることあるみたいでs
→FF11 ソロでガツンと!〜からくりAF3編〜



年末に差し掛かり、寒い日が続いていますが皆様いかがお過ごしでしょうか。
自分は年賀状も書き終わり、大掃除もすませ、後はゲームするだけ!
仕事も残ってたような気もしますが、とりあえずは忘れて楽しく過ごしています。

そろそろ一年まとめ記事を書こうかな、と思っていたところ、フレがからくりAF3を
ソロでチャレンジさせてくれるというので、ウキウキで行ってきました。

1回目はウキウキすぎて、ストンガ?の詠唱ログを見逃した挙げ句、直後にコンバして
そのまま死亡という情けない結果に終わり・・・。
夜も遅かったのですが、泣きの2回目をお願いしてみました。
そんなわけで、動画は2回目チャレンジです。
下に置いてありますので、よかったらどうぞ。

敵はオートマトン1体。
挙動は聞いてはいたのですが、1回目の死亡後、衰弱の間に更に必死に調べたところ、
与えたダメージの種類によってマトンの特性がチェンジしていくようです。

つまり、殴りばかりだと、マトンも殴りでマニューバし、どんどん殴り感覚が早くなる。
魔法ダメージばかり与えていると、マトンは魔法でマニューバし、どんどん詠唱が早くなる。
恐らくですが、全魔法ダメージ>全物理ダメージで、魔法タイプにチェンジ、
逆に全物理ダメージ>全魔法ダメージで、物理タイプにチェンジだと思います。
チェンジした段階で、それまでマニューバで強化された部分はリセットされます。

そのため、赤の場合は、殴りと魔法を交互にして、なるべくマニューバさせないように
削っていくことになります。
もっと簡単に言うと、魔法タイプマトン(赤色)の時は殴り、
物理攻撃タイプマトン(白色)の時は魔法で攻める、ということです。

魔法タイプの時は、蝉も普通にまわりますし、物理タイプの際にグラバイン入れて
いましたが、目立つほどには耐性もないようなので、魔法削りのMPさえ持てば
削りきれる相手だと思います。
コンバ→ストンガとかの死亡は除きます。

こういう挙動が特殊な相手はすごく面白いですね。
チャレンジさせてくれたFさん、ありがとう!




動画はコチラ

結構時間かかりました・・・。
MPがもう少し多くて、精霊ダメージがもう少し大きいと、もっと早いと思います。
というか、最近、精霊ダメの低さが気になって仕方ないです。
メリポINT5に振り直すしかないのか・・・?
→FF11 ソロでガツンと!〜Faust編〜



イヤッホゥ!
ファウスト倒してきた!!!!!!!

ハナっからハイテンションでスミマセン。
でも嬉しくてプルプルしてるコルです。こんばんは。

年内に倒すと目標にしたのはいつだったか。
最初のチャレンジでは、あまりのバインドのレジっぷりにシャポーとるまでは、と諦め。
シャポーとってからも、半分削れるか削れないかで負けることが何回か続いていました。
しかしついに、目標を果たすことができました。

動画も下にありますのでよかったら見てやって下さい。

さて。

ファウストは、空NMの中でも屈指の強さだと思いますが、その強さの秘訣は
なんと言ってもタイフーン。これにつきます。

強力なTPリジェネがあるため、近接されたらまず確実にタイフーンです。
タイフーンをくらうと、蝉を2〜3枚持っていかれます。
蝉がない場合、ストンスキンで1、2回はダメージを吸収できますが、
ダメージ0でも吹っ飛ばされるため、魔法詠唱できません。
バインドやグラビデの場合、タイフーンのログが見えた瞬間に詠唱することで、
吹っ飛ばされつつ詠唱完了することもできますが、タイミングがちょっとずれると
死ぬまでタイフーンの罠にはまりますので、かなり慣れるまでは、蝉で回避できる間に
バインドを詠唱できるのが理想的です。

そのため、バインドを解除してしまう攻撃魔法を仕掛けるタイミングが非常にシビアです。
例えば、ジパで通用していたような、バインドが切れてからバイオ→蝉2→バインド、
というような流れを想定していると、あっという間に蝉をはがされます。
前半はまだいいですが、後半、タイフーン連発モードに入った時には死亡フラグです。
バイオや精霊魔法を撃つ時は、バインドリキャストが確実に間に合う時にしましょう。

そのためには、リキャストが残り何秒ならバインドが唱えられるのかを知っておく必要が
あります。
これは、攻撃魔法ではなく、バインドが早めにとけてしまった時にも、残り何秒なら
間に合う、何秒ならグラビデを撃つ、という選択の基準を、あらかじめ決めておく、
という意味でも重要です。
一瞬の迷いが戦闘不能に繋がりますからね・・・。

ちなみに自分の場合、前半はリキャスト9秒までなら蝉2で耐えられるようです。
後半はちょっとビビリ入って7秒。
ジパだと12秒くらいでも平気で蝉まわしてますので、やっぱりかなりシビアです。
といっても、ジパでも余裕見過ぎると死にますけd
通信環境やマシンスペックでも多少差があるかと思いますので、自分なりの
基準タイムを見つけられると多少余裕でるかと思います。

あとは、基本ですが、バインドした後は必ずファウストと対称の位置に離れておく。
どの位置に自分がいるかによって、上記のリキャスト残りタイムが1,2秒は
違ってくると思います。




動画はコチラ

何度も戦闘不能になった上での勝利なので、かなりビビリ入ったプレイです・・・。
もっとこう攻め時と守り時を切り替えていけるといいよなあ・・・。

あ。食事は途中でメロンパイ食べてますが、クリームパフもタコスも忘れてきた結果です。
本当はタコスがいいと思うよ!
Designed by aykm.