a*holic

→FF11 ちびコル育成日記
出先からコンバンハー。こるです。

諸所の事情により、月に3日間ほど某古都へ来ている自分。
毎月のこととなるとお財布事情から、毎回毎回ホテルなんて泊まっていられません(ノД`)

そんな自分がよく利用するのが、ウィークリーマンションの日貸し。これが結構安くて、せまーいホテルの部屋よりも広くてお得。ただ難点は……サムイ!普通のマンションでもエアコンだけだと結構冷えますよね。
去年の冬、ここに泊まって寒くて大風邪ひいたので、今年はどうしようかなあ、と思っていたのですが、今日泊まりに来たら部屋にホットカーペット入ってた。コレ、あったかくていいですねえ♪
普段自宅では、ほとんどPC机の前にいるので(何してるかは言うまでもないですが)床に座ることがあまり無いんです。でも今は猫状態で床にゴロゴーロ。天国。


今日は5時起きだったのでもう眠いです(つ∀-)
そんなワケで昨日は短時間FF。こんな日に限ってフレからメリポのお誘いがあったりしたのですが、泣く泣くお断り。めりぽーいきたいくぽーーーー!!

あまり時間がない時の行動としては、
1.釣り 
 ネビムはいくつあってもイイ。デルフラントがサンド支配なので、テレポホラ→ホーミングリング使用で一瞬で釣りに行けるのもイイ。
2.合成 
 クリスタルが相変わらずたまりまくり。でも、素材を倉庫から移動してくるだけで結構な時間かかってしまうかも。
3.フェロー
 ちびコル。最近、ちょっぴり強くなってきました。

今回は3を選択!紙兵山ほど作ったばかりだったしね。

自分は「ついで」に何かをするのが結構好きです。
1個のことだけを目的にしているとすぐ飽きるし、時間がないときに同時に何個かこなせるとお得じゃないですか!

というワケで。

礼拝堂へ行く→箱をサクっとあけて地図げっちゅ!→近くの魚&カニでフェロー計画発動。


まあ、お察しのとおり、箱なんてサクっとあくはずがないのですが。
てか、礼拝堂の箱見たことないですよ?本当にあるんでしょうか?

おまけに。
ちょうどタウルス方面しか道が開いていない曜日。
行きはタウルス狩りPTがいたため横をスルリとすりぬけて行けたのですが、帰りはバッチリ2匹います。

しかし!こちらは忍/白。
空蝉4枚&ストンスキン&プロで入り口まで走りきってみせる!!!

で、ダッシュしたのですが。
走っていったらなんか入り口に人がイッパイ!
ぎゃあああああああ!ゴメンナサイ!

「にげます。ごめんなさい。」を連呼しつつエリアチェンジ。
逃げた後に、もう一度戻ってみたら、PTだったらしくタウルス2匹とも倒してくれていました。
本当にスイマセンスイマセン。
もう空蝉に頼って走って逃げるのはやめようと深く反省……。


その後は計画通り(てか、もうこの時点で箱は無いわ、あと一歩でMPKだわでかなり計画から狂っているのですが)、川にて魚&カニでフェロー。
ちびコル、レベル45になりました。

今回は攻撃タイプにしてみたのですが(いつもは回復タイプ)、両手斧持たせているとなかなか強いですね。
クリティカル乗ると一発100ダメオーバーしてくれます。
まあ、自分からタゲ奪うにはまだ修行が足りないようですが( ´ー`)y-~~

そうそう。
川で魚倒していたらケイサ(?字わからず)が4つ集まりました。
6個でアクアリウムができるらしいです。
先日、フレから金魚のを貰ったので、あと2個集めて隣に川か海のを置こうかなあ。
→FF11 NMハンター
もうすっかり晩秋となった今日この頃。
秋刀魚やら栗やらがおいしい季節になりました。

自分が住んでいる地方(正確には隣県)に、栗きんとんがものすごーくおいしいお店があります。コチラ
有名店(?)2店あるのですが、全国的にはもう1店の方が有名らしい。でも自分はここのお店の栗きんとんがもう大好き。
ただおいしいだけあって値段もします。場所も遠いため、そうそう買いに行くことも無く、そちらへ出かけた同僚や友人のお土産を大事に大事に食べます。貧乏くさいとか言うな!

まあ、今日職場に行ったら、ここのお店の栗きんとんと栗きんつばがありまして。栗きんつば、初めて食べたんですが、ウマーーーー!!
中に大きな栗がイッパイ入っていて、アンコも甘すぎず、何よりもきんつばの皮が砂糖でべっとりしていなくて、本当、絶妙の味でした。
お菓子断ちしていたのに……思わず2つ食べてしまったよ。



23日は国民の休日。
自分はやらなきゃいけないことがあってフルタイムでFF出来なかったのですが、昼間にLSのネコシーフの提案でベヒーモスを狩りに。

てかですね。ベヒーモスってもう数人で狩れるんだね……。
なんかオープニングに出てきた凶悪モンスター、ものっすごい強いイメージがありましたが、ウチのLSメンだけで狩りに行こう!って話ができるようになったのには、月日の流れを感じます。

いざ、縄張りに行くと。
もういるわいるわ。外国の方々がw

30分に一度の抽選とのことで、それ以外の時間は他ごとをしていて、時間になったらコールで呼んでもらっていたのですが。
張り込み始めてから、2回目の抽選、ちょうど1時間のところで沸きました。

とられました……○| ̄|_

Cor051123145823a.jpg


残念でしたが、コイツ、こんな間近で見たのも初めて。
思ってたより小さかったですが、面構えはさすがに迫力あります。

時間調べるのが超大変そうですが、またチャレンジしてみたいっす!


しかしこういうことがあると、忍者上げてよかったな、と思います。
少人数で行動するのに有利なのは、やっぱり忍者>ナイト。

最近、LSのおねえさまが何を思ったのかナイトを上げ始めていまして。
ナイトが有効な場面ってどこ?と聞かれました。
自分では、物理攻撃が効くような敵、つまりレベル上げで狩るような敵やちょっと強めのNMには忍者のノーダメ盾が有効、それ以外の敵、物理があまり効かないくらい堅くて精霊で徐々に削っていくような敵にはナイトの固定力が有効、だと思っています。
ただし、あくまでも自分が感じただけなので、違う感じ方をされる方も多いと思います。

こういうとナイトのレベル上げ、ものすごくきつく感じるかもしれません。
でも、自分が「どうしてナイトを?」とLSのおねえさまに聞いた時の答え、「AFが着たい。」「あと楽しいから。」
それで充分かと。
というか、それが全てかと。

時給が、という話もありますが、ナ盾でも高時給が出る編成、狩場はあると思います。事実、自分がナイトで通った狩場と忍者で通った狩場はかなり違いましたし。
また盾に拘らないナイトってのも最近はあるようで。

イロイロ試して、自分にしっくりくるスタイル、楽しめるスタイルを選んでいけばそれでよし!
→FF11 1分
紙兵作りをサボっていたら、残り49枚になっていてちょっぴり焦ったこるです。コンニチハー。

と言うわけで、紙兵作りからスタートな一日。
隙をみては船にのって釣ってあったネビム2D+ネコシーフから貰った1Dの計3Dからスタート。
黒インクにする段階で結構HQが来ます。
エルム原木はサンドの競売買いで、全部で40セットあまりの紙兵作成。
先日、チェストを作りまくって木工60にしたのが多少効いたのか、何回かHQ3も来てウマー。
12セットで今8万くらいなので、自分で作るとかなりお得です。

紙兵つくりの最中にリヴェーヌにてクエ&ワート取り&ENMのお誘いが!
紙兵を運ぶのに手間取って30分ほど遅刻して合流。スイマセン。

鱗もサクっと出て、クエも約1名イベント進めてないハプニングありましたが(てか、自分は知らないうちに進めていたらしい。)、クエ用アイテムもサックリ。
ENMは甲鉄竜で、忍狩赤だったのでこちらも問題なくクリア。
結構なお値段の両手刀が出てウハウハです。

んで、その後。ネコシーフの提案でLSでチョコボレース!
サンド〜ウィンのミラテテ狙いコースです。

てか、自分、これやったことなくて、おまけにタダでさえ迷子属性なので、こっそりと何も考えずに前の人についていく作戦を実行。

5人で各馬一斉にスタート!

ロンフォは流石に余裕余裕。
前の人についていかなくても大丈夫です。皆も同じようで、ほぼダンゴ状態でラテーヌへ。

ラテーヌも余裕。
このあたりはサンド出身者。低レベルの頃から通い慣れた道。
まだまだほぼダンゴ状態。

ジャグナー。ここは第一の難関です。
木があって視界不良。おまけに橋があったりと障害物が多い。
何人か引っかかってましたが、まだそれほど引き離されることもなく通過。
自分はこのあたりから上記の前の人についていく作戦を開始していました。

バタリア。楽。
以上。

ロランベリー。ここも一瞬なので特に問題なし。

ソロムグ。このあたりから怪しくなってきます。
相変わらず前の人についていってます。
が。
ここで普段自分が通っていた道は激しく遠回りだったことが判明しました!

タロンギ。
凶悪な道です。(自分にとって)
別名タロンギの罠。
ですが。前の人についていk
2番手で余裕で通過。一人だったらここで脱落マチガイなし。

メリファト。
ここで事件が!
1番手を走っていたネコシーフ。あまりの速さにメリファト入った時から表示されず。ぴーんち!
案の定というか。一人になった途端に迷走を始める自分。
一人になって不安になって地図を開いたら、自分だけまったくちがう場所に……。
一気に最下位転落でございます。

サルタ。
ほぼまっすぐ。
どうすることもできず、そのままゴール。

時間は28分12秒。ギリギリですがミラテテ貰えました。
てか、一人だったら絶対もらえてなかった。

トップのネコシーフは自分より約1分早くゴール。
同じようにチョコに乗っているのに、1分もの差ができていたワケです。
チョコボレース、奥が深い。

そして、皆、操作に必死なのか、超静か!
熱くて冷たい戦いでした。まる。

Designed by aykm.